ベトナム国家農業大学を中心とした人材活用のご案内

ごあいさつ

日本の農業・食品産業は、日本で生産・加工・調理を行い、豊かな食文化を展開しています。しかし、現場では人手不足の状態が続いており、日本の食を安定的に供給していくことが難しい状況になりつつあります。当組合では、ベトナム国家農業大学及び送り出し機関とタイアップし、日本の農業・食品加工・製造・給食・外食産業向けに若くて勤労意欲の高い人材のご活用をご提案します。
日本の食はアジアの国々から安全衛生・トレーサビリティー・品質の高さ・美味しさ等で評価を受けています。次のステップとして、当組合では、日本の食を中心とした産業のアジア展開に繋げ、好循環モデルのご提案をしていきます。ベトナム国家農業大学出身者を中心とした人材活用の概要をご案内申し上げます。


次世代創造協同組合 代表理事  香山  俊巳

ベトナム国家農業大学活用プログラム

1 ベトナム国家農業大学(Vietnam National University of Agriculture)は1956年に設立され、国立大学としてはベトナム唯一の農業系大学です。食品技術・バイオテクノロジー・機械工学・農業経済学・動物学科に至る14学部33学科で構成されており、毎年6,000名ほどの卒業生がいます。日本とは信州大学農学部との学術交流協定の締結をはじめとする日本の教育機関との連携や、JICAからの支援を通じて、日本との教育・研究の交流にも力を入れて取り組んでいます。
当組合は、ベトナム国家農業大学で農業、食品製造に関する専門知識を学習した人材や、卒業後、既に農業、食品製造分野で就業経験のある人材を中心にご紹介致します。

2 送り出し・支援体制

送り出し機関
  • 惣菜等食品製造職種を中心に、これまで日本向けに1,500名以上の派遣実績があります。
  • 日越双方に日本語が堪能な駐在員がいます。緊急時でも日本語による丁寧な対応が可能です。
  • 提携先の教育機関内に教育センターを設置し、入国前の日本語教育と日本のマナー・文化・習慣などの教育を徹底しております。
監理団体

次世代創造協同組合

  • 千葉県や東京都内の事業者向けに惣菜実習生派遣の実績があります。
  • ベトナム人スタッフによる通訳対応・各種書類の翻訳支援をいたします。
  • 配属後3~5日間、組合スタッフによる導入支援を行います。
  • 月1回以上、職場や宿舎に訪問し、実習生に対し仕事面、生活面、日本語に関する巡回指導を行い、結果をご報告いたします。
  • 実習生、特定技能1号人材と頻繁に連絡を取り合い、生活上の問題解決や疑問、不安の解消に努めます。

3 ベトナム人材育成・活用の好循環モデル

*新たに「医療・福祉施設給食製造職種」実習生、特定技能1号「外食業」・「飲食料品製造業」での受入れも可能に!
*日本人従業員と国際人材の最適な配置による効率的な人的資源活用を実現。
*派遣から実習生への切り替えで、急な欠員を補充できる体制を形成。
*安定的な人材確保の実現により、これまで対応できなかった案件受注が可能に。

将来、日本で実習した人材を活用し、
ベトナムでの事業展開も視野に!
ベトナム国家農業大学 人材派遣センター
ベトナム国家農業大学 実習風景
農業試験場での調査風景

4 技能実習生と特定技能1号人材受入れの比較